カイロプラクターは、患者さまのカラダや ココロの痛みをケアする仕事です。

それには、年齢・性別は関係ありません。

長い間悩んでいたカラダの痛みがとれた時や悩みが改善された時など、 患者さまからは「ありがとう!」と心から感謝されます。時には涙を流して喜んでくださる患者さまも多いのです。 お金をいただきながら、「ありがとう」と言われる仕事も そうそうないのではないでしょうか。

また近年では「国家予算の医療費が破綻」と謳われています。 それは国民にとって大変な時代の訪れを意味しています。そんな現代社会において真に求められている存在こそが 実はカイロプラクターであると自信を持っています。

カイロプラティックは予防医学、かつ根本療法なので 今ある痛みを取り除くだけでなく、今後将来にわたって 再発を予防し健康な身体を持続させていくことが目的です。 そのため生活習慣病を改善させる為の指導を個別に行ったり、 また病気を予防する習慣を指導したりしています。 カイロプラクターの存在は、個人を病気から守り、病院にいく必要のない 身体作りをサポートしてあげることができるのです。

もっと国内にカイロプラクターが増えたなら 日本の医療費を減らすこともできるしご家庭の 経済にも貢献できると思っています。自分の健康・家族の健康を自分たちで守ることが、 これからとても必要なことだと思います。一家に一人 カイロプラティックスクールで学んだ人がいると 家族も安心だと思いませんか。ぜひあなたもやってみませんか。

日本カイロプラクティック連合会の目的

シチフク施術院は日本カイロプラクティック連合会に属しています。日本カイロプラクティック連合会の目的は、より多くの方を健康にするためにより多くの腕の良いカイロプラクターを育てること。現在世界の医療界ではカイロドクターの活躍が目覚ましく、その実績はカイロプラクティクの有効さを理論的に確立させています。

しかし日本ではカイロプラクターはまだ単なる技術者としかみなされず、多くの悩みを抱える患者さんを真の健康に導くカイロプラクターがまだまだ足りていないのが現状です。

「健康体」が見直される時代を迎えて、カイロプラクティックは将来の医療として広く社会に貢献していく分野です。そして日本でもカイロプラクターはドクターのような国家資格者として認められることも多いにありうることです。

そのやる気で一生の職を手にしよう!

現在日本カイロプラクティック連合会には約3万人を超えるカイロプラクターが日々技術を向上させ悩みを抱える方々と真摯に向き合っています。本業として、副職として、またはボランティアとしてなど様々な形態で、下は18歳から89歳の方まで、性別問わず、カイロプラクターとしてがんばる人たちを連合会は応援しています。

カイロプラクターという職種は店を構えなくてもできますし、時間も自分でフレキシブルに対応できるので、出産後の女性や主婦のみなさんも多く会員にいます。
患者さんの体に触り、健康を左右する職業なので、日々知識を更新し、技術を磨き続けなければならないのはもちろんです。どんな職業にも苦労はありますが、そのなかでもカイロプラクターの「人を健康に導く」という目的はかけがえのない「やりがい」になります。

日本カイロプラクティック連合会は間口を広く、やる気のある方々を受け入れています。